【Berry工房製作メモや考察は今後代わると思われます。間違いもあり、これは考察です。

◆名称◆
台の横部分=まき(巻) 台の足を載せる部分=てん(天)
鼻緒の中央の物=つぼ
鼻緒=はなお
鼻緒裏=鼻緒の裏の生地

◆台の高さ◆
Berry工房の扱う多くは、3.6cm。
普段履きの高さ。
別注料金でで、6cmとか4.5cmも・・・できますよ。お問い合わせください。

◆台の形◆
Berrry工房の中での分類  
◎舟型    -横幅細身。スタイリッシュ! 
◎小判    -横幅が幅広い。ゆったり!
Berry工房では、舟形を採用しています。

◆鼻緒◆ ◎綿入れのふっくらした鼻緒
    -長時間履いても、痛くなりにくいのが特徴で採用しています。  

◆台の素材◆ Berrry工房の中での分類 
◎コルク台、布ビニールコーティング  
    長く履けば、コンクリに打ち付けて、ビニルコートが剥がれることもある。
◎ウレタン台 
    軽いけど、鼻緒が交換できないことも。  
◎本皮
    長く履けば、コンクリに打ち付けて、本皮が剥がれる傷つくこともある。

◆鼻緒作り◆
  Berry工房では、刺繍だけ行い、専門の工場にお願いしています。
  
◆スゲ方◆
  スゲ方は、最初はどれもキツメに設定してあります。
  すげ屋さんに持参すれば、自分の足にあったサイズに
  最初から緩めてもらうこともできますよ。
  すげ屋さんを職業の会社が、ある。

◆かかと◆
  かかとの半月形のプラスチックの部品。
  これは500円程度で交換が可能です。ご注文ください。
  かかとを交換することで、長く草履をはける。
  ?ピンヒールのパンプスのように磨り減ったら交換してもいいかも。
◆痛い草履◆
  草履が痛い原因の考察  〜痛い場所にもよるけども〜
  0)単純に長時間履いて歩いた。

  1)足がまだ草履に慣れていない。
    トングで長時間歩くと足の指が当たって痛いことがあるように
   新品の草履だとか、履きなれない足だと、痛いことも。慣れの部分も。
  2)新品の草履で、鼻緒がだいぶキツイ。 
   自分で手を入れて広げ、引っ張れば、多少鼻緒は伸びるので、
   男性に頼んで履いてもらって、緩めばいいかもしれない。
  3)ツボに、木工用ボンドや針金が使ってあり、硬くなって入っている。 
   中古品で一部そうした商品があることも。Berry工房では採用していません。

◆履き方◆
 草履から0.5cm〜1cm足を出して履くのが草履文化で粋とされる。
 いわゆる、「江戸履き」。キツ〜〜イ鼻緒に、ちょっとカカトを出し、草履の台のカーブが土踏まずに添いピッタリ足裏がフィットする歩き方、というもの。
カカトがパコパコ言わせながら履くのを嫌がります。
パンプスのカカトが削れて、金属音に成るのが嫌なのと通じるかも???

 ただ、最近では洋服の靴の感覚で草履を捉え、『単純にカカトが台から出ると痛い』『鼻緒がキツイのは嫌』『痛いのは嫌』という意見も。
 頭痛でもなんでも、痛いのはすぐ薬で止める人も多いですよね。痛い=嫌。シンプルです。
 好みは多様化して文化も多様化しています。今は江戸時代ではなく平成です。
 結局のところ、履き方も歩き方も、あくまで「個人のお好み」ではないでしょうか。
草履を買うときは、今持っている自分の草履と比較して、色々試して、『自分好み』をご研究してくださいませ。

因みに、私は24.5cm。MとLを併用していて、台からカカトが出たり出なかったり(1cmのことですので)
ただパコパコ言わないように、なるべく自分で鼻緒の裏を引っ張って鼻緒を調節しています。

◆底◆
 本皮と、合皮、意匠を凝らしたもの。
 その他、最近は新素材も登場しているようです。
 本皮は水濡れに弱いので、Berry工房では、合皮を採用しています。

◆重さ◆
 ウレタンとコルクとあり、比べてみると重さは大差ないことも。
 コストは3倍ですが、Berry工房ではコルクを使っています。

◆雨の日◆
 草履は普通、あんまり履かない。水や泥で痛むから。ダメじゃないんだけど、
 雨の時履くのは雨草履や雨下駄で、形状が別物。
 でもアスファルトで舗装されたり車だったり、今と昔では歩く路が違いますよね・・・・。

◆鼻緒◆
 交換することもできる。
 すげ代は1500円程

◆カワイイは、痛みを超える?◆
ピンヒールの7cmカカトのパンプス。一度は、アレを買っちゃいますよね。
勿体無いけど可愛いとか。痛いけど格好良いとか。
草履の下駄やカカトについても、本質はつながっているのかな?
厚底は昔製作していましたが、製造コストが、普通の倍程度なので、現在作っていません。


◆機能性VS可愛い!
Berry工房の鼻緒は、『鼻緒の縫い目や鼻緒の中に入ってる厚紙に足が当たる前に
鼻緒裏の別珍生地が足にあたり痛くない』用になっています。
でも、鼻緒裏の生地の色が可愛くないと、可愛くないので、買わない?
デザインと機能性は、いつでも悩ましいところですよね・・・。
鼻緒の裏地のメーカーは、そもそもそんなに色がなかったりします。


◆最後に
草履も、舟型、小判、他にも色々ありますが、
歩き方も足の形も、好みも、年齢も、予算も違う皆様。
それぞれの「いいね〜?」に届く商品を
造ります。